まずは親・兄弟に連帯保証人を頼んでみる~引越先を知らせる最初の相手~

連帯保証人が必要!誰に頼めばよい?

賃貸物件を借りるとき、ほとんどの場合に不動産会社から連帯保証人の情報を求められるでしょう。しかし、連帯保証人は借りた人が万が一家賃を滞納したり、借りている部屋に損害を与えるような問題があったりしたときには責任を負うことがあります。借りた人に支払い能力がない場合には代わって支払いを負担しなければなりません。また、賃貸契約書に連帯保証人として記載され、捺印が必要なことから責任が重いと感じることも多く、簡単に引き受けてくれる人は限られるでしょう。そのため、親や兄弟など近親者、つまり引っ越し先を最初に知らせる人に連帯保証人をお願いすることが一般的といえます。しかし、連帯保証人には支払い能力がある程度ないと認められないこともあるので注意が必要です。たとえば、親がすでに退職していて年金のみという場合には、不動産会社によっては断られる可能性もあります。

親や兄弟に連帯保証人を頼めない!それ以外に頼める人はいる?

ときにはさまざまな理由から、親や兄弟に連帯保証人をお願いできない場合もあるでしょう。そうなると、ある程度の収入があり、不動産会社の審査を通過できるような人に連帯保証人を頼む必要がでてきます。もちろん、親戚などにもお願いすることはできますが、快く受けてくれるかどうかはケースバイケースです。また、頼みづらいと感じることもあるでしょう。それ以外に連帯保証人をお願いできる人は、安定した収入がある子供などがあげられます。さらに、親族でなくても連帯保証人になることは可能です。審査が通る収入があれば、友人であっても連帯保証人になることはできます。しかし、現実的には収入や住民票、印鑑証明などの個人情報を不動産会社に提出することもあるので、簡単に連帯保証人を引き受けてくれるかどうかは状況によるでしょう。