保証会社の審査を受ける際に気をつけておきたいこと~クレジット会社の家賃保証では借金の総額にも注意~

保証会社の利用が増加中

賃貸住宅に入居する際は、事前に審査を受けるのが一般的です。審査は家主が直接行う場合や不動産仲介業者が行う場合などいくつかのパターンがありますが、近年増加しているのが保証会社による審査です。
保証会社は、賃貸住宅の家主に対して入居者の負う債務の支払い保証を行う事業者です。利用することで家主は家賃収入を確実に担保できる、入居者は連帯保証人の選定を省略できるなどのメリットがあります。さらに、保証を受けられるかどうかの審査を事実上の入居審査に代えることもできます。
保証会社による審査は家賃の支払い能力があるかどうかについての信用調査であり、クレジットカードを作る時の審査に似ています。実際、クレジット会社が家賃保証事業を行っているケースもあります。

借金のある人とない人では審査基準が変わる

クレジット会社の審査基準は各社ごとに異なり、またその内容は公表されていません。ただ、基本的な方針ははっきりしています。すなわち、本人の年収や勤務先の安定性などから支払い能力を算定し、利用の可否及び利用限度額を決定するのです。
その際、参考資料の1つとなるのが信用情報です。信用情報とは全国の金融機関や貸金業者などが共同で運営する調査機関に蓄積された情報であり、過去に金銭トラブルがなかったかどうか、現時点でローンを利用しているかどうかといったデータが網羅されています。
つまり、仮に借金の返済中であればたとえ年収の額が同じでも返済額の分だけ支払い余力は少ないと見なされることになり、その情報が審査結果にも影響を与えます。そのため、借入金のある人がクレジット会社の保証を受けて賃貸住宅に入居しようとする際は、その返済額も勘案したうえで支払い可能な家賃水準を設定する必要があります。